Archive

Archive for 2012/04/10

PMT用アンプの作成:システム構成

2012/04/10 2件のコメント

PROBE

一度改造していた(Link)のですが、高圧(HV)と信号線を個別に引き出すことにしました。

なお、今回はノイズ対策やブリーダー抵抗などを追加して改造してあります。

GS-1100A

アンプ部はトランジスタ・高抵抗から構成されているため高精度が求められないと考え、使わないことにしました。

HV発生部のみ使用します。

AMP

プローブとアンプは、MCXプラグを用いて接続。

リンギングなどの影響を受けないようにケーブル長を18cmとしました。

Audio I/Fとの接続は、”外来ノイズの影響を低減”および”ダイナミックレンジ拡大”を図るため、従来のマイク端子からライン端子接続に変更しました。

プリアンプ部については、オペアンプを用いたI-V変換(トランスインピーダンス回路)。

メインアンプ部にて、パルス整形、ライン出力レベルまで信号増幅を行います。

メインアンプ最終段の信号増幅はバーニヤ・ダイアルを用いたため、微調整が楽に行えます。

参考Link

MCXプラグ購入先:aitendo千石電商

MCXプラグは、なかなか手に入りにくい部品ですが、上記shopで比較的安価に購入できます。

aitendoの方が安いのですが、一部部品は千石しか扱っていなかったり・・・。

バーニヤ・ダイアル購入先:秋月

もちろんヘリカルポジションメータも必要。

aitendoで購入したバーニヤダイヤルは工作精度が悪く、回転しにくいものでした。おすすめできません。

USB Audio interface

以前使用していたinterfaceの性能に満足できず、「E-MU 0204 USB」を購入しました。

価格の割にはノイズが小さく、24-bit/192kHz レコーディングが行えるため、評判が良いようです。

なお、Ampでラインレベルまで信号増幅(システムゲイン変動のための微調整調整含む)するため、このAudio I/Fではボリュームは最低のままにしておきます。

PC

以前より使用しているPCです。

また、PCの音量設定は上項にもあるように、amp部で全てを調整するので変更しません(E-MU 0204はもともとPC側でコントロールできませんが)。

  • OS: Windows XP Home Edition (SP3)
  • CPU: Celeron 2.40GHz
  • Memory: 1.0 GB RAM
  • 収集・解析ソフトウェア: FitzPeaks NaI
カテゴリー:電気工作, 放射線測定